第39回強誘電体会議(FMA39)は予定通りハイブリットにて開催します。ガイドラインを掲載しました。(2022/05/17)


第39回強誘電体会議(FMA39)のプログラムを公開しました。(2022/04/25)


第38回強誘電体会議(FMA38)の優秀発表賞授賞者が決定いたしました。(2022/01/12)


第39回強誘電体会議(FMA39)は現地開催とオンライン開催の併用にて実施予定です。(2022/01/04)



前回同様、以下のように発表の採択基準が設けられております。

発表申し込みに関しては、原則としてテーマが異なっているものに限り、
1研究室あたり3件までの発表申込が可能です。
ただし、企業に関しては複数件の 発表を認める方向でプログラム編成をします。